Orange Career
インタビュー

Interview 20  結婚を機に香港へ。ライフワークバランス充実

海外で活躍されている日本人女性のインタビュー、今回は結婚を機に香港へ渡り、日本企業の現地採用スタッフとして働いている坂野真央さんにインタビューを致しました。

坂野真央さん PROFILE

大学卒業後 三菱UFJ信託銀行、デロイトトーマツコンサルティング、グロービスに勤務したのち、2017年夏香港へ。現在は日本企業の香港オフィスでバックオフイス業務に従事している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Orange Career 久賀田(以下、K): : 香港に来られて6か月ということですが、移住されるまでの経緯を教えてください。

坂野真央さん(以下、坂野): :大学卒業後、日本にて金融、経営、人材育成のコンサルティングを3社経験した後、交際をしていた今の夫にプロポーズされ結婚を機に香港へ渡りました。夫は3年前から現地採用で香港に移住していたので交際時から何れは香港に移住することは考えていました。

K : こちらの転職はどのようにされたのですか?

坂野:  日本から現在の企業への転職を決めました。もともとはリクルーティングサイト上のヘッドハンティングがきっかけでしたが、インタビューを受けていくうちに社長が夫と知り合いだったことがわかり、安心したのが大きな決め手となりました。

K : 現在お勤めされている会社はどのような企業ですか?

坂野: 経営コンサルティング及び投資の会社です。日本で創業した企業ですが、アジアで展開していく為に香港に本社を置いており、香港オフィスは18人中日本人が4人と、ローカル社員が多いです。私はオペレーションマネージャーとして働いています。

K : 坂野さんの具体的なお仕事内容を教えてください。

坂野:  グローバルでの社内制度の設計や契約のフォローアップ、社内アカデミーの統括、アカウント管理などの日常的な事務と会社のウェブサイトの更改、社内システム構築などのプロジェクトを行っております。

K : 日本で働かれていたときとの違いを教えてください。

坂野:  勤務時間、給与ともに全く違います。今もフルタイムで勤務していますが、定時18時にオフィスを出ています。日本で働いていた時は遅くまで仕事をしていて18時に退勤することなんてありませんでした。給与面は下がりましたが、今は結婚して移住したばかりなので、結婚生活や香港という新しい環境で暮らすことに重きを置いているのでこの環境に満足しています。

K : 香港の印象はいかがですか?

坂野: 活気があり、暮らしやすいです。
街がコンパクトなのでどこへでもすぐ動けることもいいです。買い物に関しても、日本食を始め日本のものは大体手に入りますし、有機野菜を週に一回届けてくれる「オイシックス香港」もあるので不自由は感じません。

K : 海外での生活はいかがですか?

坂野: 今までも留学や仕事で海外に長期滞在していた経験もあるので海外生活には抵抗なく馴染めています。

K :広東語はどうですか?

坂野: 基本的に英語でほぼ生活できますし、広東語が必要だなと感じるのもローカルレストランくらいなので語学の不便さもあまり感じていません。

K : デメリットはありますか?

坂野: 夏は異常に湿度が高くてスーツやコートなどがすぐカビてしまう事です。あとは恐らく空気が日本と違うので、大体渡航して3か月目くらいで体調崩す方が多いと聞きまして、今まさに喉の調子が良くないです。こちらでの生活に慣れ、早く免疫がつくといいのですが・・

K : それは辛いですね・・お大事になさってくださいね。今後の香港での生活はどう考えられていますか?

坂野: ありがとうございます。夫が現地採用のため、今の所ずっと香港に住む予定です。私自身は家庭とのバランスが取れるよう何れは香港で起業をしたいなと考えています。

K : どのような業種でですか?

坂野: 具体的にはまだ決めていませんが、美容系か書道など日本文化関連を考えています。日本文化の中でも例えば書道に関しては師範の資格を持っているので、日本人駐在員のご家族や若い世代の方に来ていただけるような教室の経営などを考えています。

K : 香港で起業したいと思うきっかけはありましたか?

坂野: 元々移住する前から、家庭と子育てを両立しながら仕事をしたいなと思っていました。その場所が結婚を機に香港になったので、香港に日本人として生活している意味を活かせる仕事をしたいです。

K : 香港に移住することへの迷いはなかったですか?

坂野: 夫と交際していく中で、香港移住の覚悟はできていましたし、「こんな人生も面白いかな」と思い、迷いはありませんでした。独身でしたら日本でのキャリアを積んでいたと思いますが、夫と一緒に新しい生活をスタートさせるということで逆に楽しみでした。

K : 素敵ですね!香港在住の日本人とのおつきあいはいかがですか?

坂野: 香港には約28000人の日本人が住んでいると聞きますし、既にたくさんの方と関わりがあります。同じ大学の卒業生の集まりが結構活況なので、それに参加したりしています。ゴルフコンペや様々な交流会が行われていて知り合いはどんどん増えています。日本人のテニスサークルにも所属しているので週末にテニスをしたりします。

K : 香港で仕事をしたい方へのアドバイスはありますか?

坂野: 香港は自分の力を試すには良い場所だと思います。インフレ傾向にあり物価が高いのですが、これからもどんどん成長していきそうだ なと感じています。この間一時帰国の際に初めて感じたのですが、日本は成熟しているが故に落ち着いていますが、それと比べると香港はとても活気があって刺激的な国だと思います。

K :ありがとうございました!

 

 

インダビュアーコメント

日本で着実にキャリアを積まれてきた坂野さん。知的な印象ですが、お話を進める中でとても柔らかな雰囲気をお持ちの素敵な女性でした。ご結婚を機に香港に渡られたとのことですが、家庭を優先したい、という今までとまた違った時間の過ごし方を香港で楽しまれていました。その中でも冷静に香港と日本の情勢を客観視し、何かビジネスの種を探されていてとても面白いお話を伺えました。ご家庭とのバランスを取りながら強味を活かしたビジネスを起業される日も近いのではないかと感じました。

 

Date of interview : 16 November 2017

Interview by : Yuki Kugata

 

新着記事やお役立ち情報など定期的に発信しています!フォローお願いします!

Twitterはこちら
ABOUT ME
久賀田 有紀
大学卒業後、教職を経てネイルサロンに転職。2013年 東銀座にてネイルサロンmaninail開業。その後2015年から1年間ネイリストとしてパリで活動。 現在は銀座、京都の2店舗ネイルサロンを経営、ネイリストとしての活動も続ける傍ら 海外進出を考えている女性、ネイリスト向けの活動に取り組んでいる。