Orange Career
海外で働く

海外就職は特別じゃない

海外で働きたいけど、自分には無理。

そう思っていませんか?

実は、海外で働くことは、そう難しいことでも、特別なことではありません。

確かに一昔前は、今より方法が限られていたかもしれません。

例えば、海外進出している大企業に就職して、駐在員として派遣されれるチャンスを待つ。これは企業に入ってから、ある程度実績を積む年数を経なければなりませんし、選ばれるとは限りません。また、日本企業の構造上、女性がチャンスを掴むのはなかなかハードルの高い方法です。

例えば、ワーキングホリデービザで期間限定で行く。これだと、現地で仕事を探すまで、無収入。ある程度の準備金を用意し、最悪の場合仕事が見つからないことも覚悟しなければなりませんし、見つかってもワーキングホリデービザの期限がきれたら、雇用主が新たな労働ビザを手配してくれなければ帰国しなければなりません。

 

しかし、ここ数年、海外就職のチャンスは広がっています。

今は沢山の企業が海外進出を果たし、既存の人材では間に合わなくなってきたのか、最初から海外要員として採用をする会社が増えてきました。まずは転職サイト等で求人広告を探してみましょう。「海外勤務あり」、「勤務地海外」などのキーワードで沢山の募集が見つかることでしょう。

また、海外の求人情報情報など、個人でアクセスできる情報が圧倒的に増え、直接現地の求人に応募することも難しくなくなりました。この場合面接が現地になる事が多いですが、最終面接まではスカイプで対応してくれたり、先方が日本に来て面接をしてくれるケースもあります。

 

チャンスは圧倒的に増えました。

後は自分次第。

一度しかない人生、なりたい自分、やりたい仕事、後悔のないように一歩踏み出してみませんか。

 

ABOUT ME
Natsu
大学卒業後日本で就職し、2004年にベルギー事務所へ赴任。ベルギー国内でのキャリアアップを果たし、イタリア事業所の部署スタートアップに抜擢される。並行して海外キャリア12年の経験を活かし、海外で働きたい女性のための情報サイト Orange Careerを立ち上げる。 英語圏の滞在経験ゼロから英検1級‣TOEIC950点取得、フランス語DELF B1他、オランダ語・イタリア語習得のマルチリンガル。