今いる所ではなく、将来こうなりたいというビジョンでキャリアを決める

カナダでライフ&ビジネスコーチングとて活躍されている Melissa Dawn さんは、「自分のビジネスを成功させるために助けられたものを一つ上げるとすれば何か」と聞かれた時、こう答えたそうです。「今自分がどこに立っているか、ではなく、将来自分がどうありたいか、によって決断をする。

 

あるハイテク関連会社でマーケティング部門のヴァイス・プレジデントとして、フルタイムの仕事をしていたメリッサさんは、仕事以外の自分の時間を使って将来ライフ&ビジネスコーチとして自分のビジネスをするための準備を少しずつ始めていました。しかしある日突然、勤めていた会社が創始者を失くし、勤務時間もお給料も半分にカットされてしまいました。その時彼女は貯金もないシングルマザーでした。

そこで準備を進めていたコーチングの仕事をすぐに大きくし成功させなければと考えました。20年マーケティング部門でやってきたメリッサさんは自分を宣伝するすべを充分知ってはいたものの、自分で事業を始めた経験はありません。「成功する近道は、自分がやりたいと思っていることをすでに成し遂げた人からアドバイスを受けること」と誰かに聞き、一年間のコーチングのプログラムに参加しようと考えました。しかし、費用は2万ドル。

もし、ここで彼女が今自分の置かれた状況を基準に考えていたら、このプログラムには参加しませんでした。借金をしてまでプログラムに参加して、もし、お金を返せなかったら?自分のビジネスがうまくいかなかったら?自分と自分の息子を養えなかったら?両親の元に身を寄せなくてはならなくなったら?これは彼女にとってはとても恐ろしいことで、胃が痛くなること数知れず。

しかしメリッサさんは、自分のなりたい将来像を基準に考えることにしました。独立してビジネスを成功させ、6桁(カナダドルで)の収入を得る。自分の好きな時間に働いて、自分と息子の都合に合わせたスケジュールが組み、息子との時間を大事にする。好きな仕事をして、他の人にもそれを伝授する。自分のやりたいこと、なりたい将来像をクリアにビジョン化しまし、5つのことを考えました。

1. パニックに陥らない。決断する時に自分の怖れを考慮しない。

2. 2万ドルは確かに高額だけど、最悪ビジネスがうまくいかなかったらどうなるか?その時は他の仕事を探せばいい。自分にはそれができる。

3. 今後25年は自分のビジネスをするはず。そう考えたら、プログラムの出費は年間800ドルにすぎない。この金額なら自分の好きなことに出費する価値があるはず。

4. 息子の手本になりたい。息子には、本当に好きな仕事をしている姿を見せたい。

5. 「世の中の97%は自分の夢を諦めた人で、3%の夢を叶えた人に雇用されている」という。私はその3%になりたい。

 

結局メリッサさんはこのプログラムに参加することを決め、4か月でマーケティングVPをしていた時のお給料を超えることになりました。

メリッサさんは、半年以内に全く新しい生活を手に入れ、自分が本当に好きなコーチングの仕事をフルタイムでこなしています。

 

 

This is the best way to Make Career Decision

http://www.huffingtonpost.ca/melissa-dawn/career-decisions_b_8149502.html?utm_hp_ref=canada-business

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

Natsu NakaishiOrange Career 代表

大学卒業後日本で就職し、2004年にベルギー事務所へ赴任。ベルギー国内でのキャリアアップを果たし、イタリア事業所の部署スタートアップに抜擢される。並行して海外キャリア12年の経験を活かし、海外で働きたい女性のための情報サイト Orange Careerを立ち上げる。
英語圏の滞在経験ゼロから英検1級‣TOEIC950点取得、フランス語DELF B1他、オランダ語・イタリア語習得のマルチリンガル。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る