非正規雇用が増える中、キャリアアップの方法とは

今月、労働者派遣法が改正されましたが、現在国内で働く女性のうち、なんと58%が非正規雇用だそうです。

男性もそうですが、非正規雇用になってしまったら、そこから正社員になるのはとても難しい。ジェンダー研究の第一人者である上野千鶴子さんは、以前から改正によって「非正規社員は3年で使いまわされ、どの職場に行ってもボトムの仕事しか任されず、歳だけとっていくことになる。キャリアアップなんて永遠に望めなくなりますよ。」と言っていました。(”女子力を磨くより、稼ぐ力を身に着けなさい”上野千鶴子 WomanType より)

女性の活用が国の政策として推し進められているのは良いことですが、方向がなんだかずれてしまっている、というのは皆が感じていることではないでしょうか。

出産して退社して、子供がある程度大きくなってから社会復帰しようにも、正社員になることは至難の業。産休をとって会社に勤め続けても、よほど祖父母の助けなどを借りて残業や出張を厭わない働き方を続けない限り、前線から外されるなど戦力外扱いされ、元の位置に戻るのも難しい。この現状を変えない限りは、解決には程遠いと言えます。

社会が変わるのには時間がかかります。

また、社会が良い方向、あるべき方向に向かうにはさらに時間がかかります。

その前に自分自身の方が、あっという間に歳をとってしまうかもしれません。

この先結婚してもしなくても、子供がいてもいなくても、女性たちも60歳、もしかしたら70歳になっても、働き続けなければならなくなります。長い間、自分の望む職や報酬を得るためには、やはり自分自身のスキルを磨いていかなければなりません。

そのスキルのキーの一つとなるのが、グローバル人材です。例えば貴方が真のグローバル人材になるために、海外で働く経験を得たいと思っているけどもうすぐ30歳なので迷っている、としたら。貴方のキャリアはあと3040年はあるのです。海外でスキルを磨き、得難い人材となって帰国するか、特別に誇れるスキルもなく非正規雇用として勤め続ける、もしくは今は正社員だけど出産した後はどうなるかわからない、という状況を続けるのか。選択するのは貴方自身です。

この記事の著者

Natsu NakaishiOrange Career 代表

大学卒業後日本で就職し、2004年にベルギー事務所へ赴任。ベルギー国内でのキャリアアップを果たし、イタリア事業所の部署スタートアップに抜擢される。並行して海外キャリア12年の経験を活かし、海外で働きたい女性のための情報サイト Orange Careerを立ち上げる。
英語圏の滞在経験ゼロから英検1級‣TOEIC950点取得、フランス語DELF B1他、オランダ語・イタリア語習得のマルチリンガル。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る