Orange Career
海外で働く

タイで就職をしたい人必見!気になる現地の給与事情とは

 

東南アジアで働きたい、その中でもタイに魅力を感じているそんなあなた。

タイで働いた場合の給与事情、気になりませんか?

 

タイで働く日本人は年々増加しており、それぞれ皆いろんなお仕事をされています。もちろん給与は職種、経歴、スキル等で変わってきます。今回は、気になる給与事情を職種別でお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

語学力が不安な人向け、日本語メインのお仕事!

まずは、語学力に自信が無い方でも働ける、日本語メインのお仕事をみていきましょう。タイにおける日本人の最低賃金は月50,000バーツですが、日本語教師やコールセンター等のBOI投資奨励法に基づく投資奨励業種に認定されている会社であれば50,000バーツ以下でも許可されています。

 

・テレビでも紹介されたコールセンター

海外にいながら電話で日本人顧客の対応をしますので、英語やタイ語のスキルはいりません。相場は32,000バーツ~40,000バーツです。評価給やインセンティブが支払われるところもあります。

業務内容は健康食品、家電製品、衣料品などの通信販売の受注や、クレーム処理など日本のコールセンターとほぼ変わりません。

利点に関してはやはり、「特別なスキルが不要」という点。初めて日本を出てタイで就職しようとする人、あるいは主婦の方などに人気の職種です。

一方で触れておかなければならないのが給与に関して。先に申し上げた通り、日本人が就業できる職種の中では給与が安い部類に入るため、なかなか長続きしないで退職する方も多いです。

 

・タイに住む日本人がお客様!日本語教師や旅行代理店

日本人生徒さんが相手の塾講師や、日本人のお客様に対してサービスをする旅行代理店。語学力ではなく、コミュニケーション能力やお客様へ対して質の高い接客が求められます。現地スタッフとのやり取りもあるので、日常会話程度の英語かタイ語が話せると尚可ですが、メインは日本人のサポート業務なので応募条件は「日本語ネイティブ」です。

相場は50,000バーツ~100,000バーツで、未経験者でも応募可能ですが、経験やスキルによって給与は優遇されます。

 

・実は日系の不動産会社も豊富な求人が!

特にバンコクでは、日経の不動産会社での就業も人気の職種と言うことができます。

現地に住む日本人、あるいは日本からタイへやってくる日本人に対して、物件を紹介するお仕事です。

タイでの就業に当たっては「現場での経験」を求める会社も多い中で、こと不動産会社に関しては比較的「未経験でも可能」というのは利点と言えます。

一方で運転技術に関しては必須条件です。日本の大都市とは比べ物にならないほど渋滞や混雑が酷いバンコク中心部。お客様の内覧に際して、この劣悪な道路環境の中で事故なく運転できる経験と技術が求められます。

 

タイの求人で最も多い職種といえばこれ!

求人サイトで一番目にする職業といえば営業職です。さらに、現地スタッフをまとめるマネージャークラスや責任者のお仕事も増えています。

 

・営業経験のある人はチャンス!営業職

営業職と言ってもいろいろあります。例えば不動産仲介営業、IT営業、自動車メーカーや家電メーカーの営業など業界は様々です。相場は60,000バーツ~100,000バーツです。

事業拡大する為に、企業にとって営業要員は必要不可欠なので急成長中のタイでは圧倒的に多い求人です。未経験者でもやる気のある方は採用してもらえるかもしれませんね。

 

・日本人を積極的に採用!マネージャー、責任者

日系企業の海外現地法人のメイン顧客は日系企業です。そのため、責任あるポジションにつくのは日本人が多いという傾向があります。

現地スタッフとのコミュニケーションが必要となってくるので英語かタイ語が話せると良いでしょう。相場は70,000バーツ~100,000バーツです。

 

専門的な知識や技術を生かせるお仕事!

上記で紹介したお仕事よりも高収入なのが、専門的な知識や技術を生かしたお仕事です。

 

・あなたの技術をタイで発揮!技術職、エンジニア、料理人

自動車製品の製造や技術職、ロボットエンジニア、日本食レストランの料理人。業界はバラバラですがこういった専門職の相場は70,000バーツ~120,000バーツとなります。また設計や開発業務などは120,000バーツ~150,000バーツの求人もあります。

 

・公認会計士、コンサルタント

公認会計士は、資格、業務経験、語学力が求められますが、相場は120,000バーツ~200,000バーツと割高です。また日系企業に対する税務対応支援、監査支援などを行うコンサルタントの求人も多くあり、相場は150,000バーツ~200,000バーツです。

おわりに

タイでの就職に当たっては、日本と同様にそれまでの経験値やスキル、年齢により給与は変わります。また、日系企業で採用され、タイの駐在員として働く場合には住宅費負担や勤務地までの送迎、渡航費の負担などかなり好待遇です。

タイといえば微笑みの国、そして住みやすい場所として有名で近年タイで働きたいという日本人は増え続けています。給与事情も把握した上で、自分がどんな職業に就きたいか、その為には何をすべきなのかを考えてみましょう。

ABOUT ME
Natsu
大学卒業後日本で就職し、2004年にベルギー事務所へ赴任。ベルギー国内でのキャリアアップを果たし、イタリア事業所の部署スタートアップに抜擢される。並行して海外キャリア12年の経験を活かし、海外で働きたい女性のための情報サイト Orange Careerを立ち上げる。 英語圏の滞在経験ゼロから英検1級‣TOEIC950点取得、フランス語DELF B1他、オランダ語・イタリア語習得のマルチリンガル。